CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
主役達
script*KT*
カウンター
ブログパーツUL5
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PR
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    5ヶ月経ったよ仔犬ーず
    0
      数日前、去年の正月に出会った白ヨーキーさんと再会しました。
      名前が、えっと、ジで始まるものだったのは覚えているんですが。

      「某イケメン軍団の総帥ですか?」

      いえ、イケメン君(6歳)でしたが、○ャニーさんではなかった筈。

      「じゃあ、ぢきちょうちゅいこうほのほうでつか?」

      いや、○ュリーさんでもなかった筈。
      えっと、本当になんて名前だったっけ。

      そのJ君、ヘタレでビビリと飼い主の美人さんはおっしゃってたんですが、
      何故かヨルさんに興味深々。
      そして普段よそのお犬様には基本紳士なヨルさんが、
      何故かJ君が寄るたびに吠えて怒るという、申し訳ない事態に。
      まじで理由がわからぬまま、ヨルさんを叱りつつ平謝りな古谷でしたが、
      美人さんは心も広かった。吠えられても何度もアタックするJ君に、
      「普段こんなことないんですよ〜この子。珍しいわ」
      と、暗にヨルさんの無礼をお赦しくださいました。

      「イケメンは敵です」

      いや違うし。いやイケメンは否定しないけど。
      J君は、頭部が本当に綺麗な白で、胴がレムさんよりちょい黒い感じでした。
      ……これ、レムさんとお子様できたら、皆ほぼ白ヨーキーになるんじゃ。
      なんて思ったのは、多分向こう様も同じだったでしょうね。
      どうもヘタレで交配が上手くいかなかった残念的なことをおっしゃってたんですが
      うちのヘタレ(ヨル)が出来たから、多分レムさんとならいけるなぁと思ったのは
      秘密です。


      で。
      2月9日ですね。

      生まれてから、もう、なのか、まだ、なのか。

      とにかく過ぎましたね、5ヶ月。
      もうスックスクお育ちあそばされた仔犬ーずの、本日現在が、こちら。

      「わたちがやっぱりいちばんかわいいでつ!」
      「僕の顔はマミーの仔犬時代に似てるらしいです」
      「みみのたちぐあいはわたちがいちばんいけてるでつ?」

      えー、左から、ラミさん、ロキさん、チロさんです。
      なんていうか、見事に区別がつけられるようになりました。
      キメ顔、デカイ、耳立ちです。
      ロキさんがどれくらいって、
      すでにレムさんの足より長い前足をお持ちな位、です(汗

      「デカヨーキーの星になるのです! まだまだいけます!」

      昔はみんなこんなんだったのに。11月9日の頃。

      (何故か逆さまにアップされるんですが、面白いのでそのままです)
      区別つくかい、こんなの。

      しかし、3ヶ月ですごい成長ですね。数倍になってますからねぇ。
      今となると、あの小さかった頃が懐かしいです。


      「わたちたち、まだちょんなにおおきくないでつ!」
      「そうでつ! ロキにーたんだけでつ! わたちはかわいいでつ!」

      ロキさん含め、みんな可愛いですよ?
      それにこんなこと言ってますけど、ラミさんは3キロ超えてますからね?
      チロさんだって2.5は超えてますからね?
      もう標準ヨーキーサイズですよ。

      3匹とも、歯の生え変わりが始まってます。
      宮殿の柵の茶色は、仔犬ーずのしでかした跡です。
      せっかくレム姫は綺麗にお使いでしたのに、すっかり廃墟ですよ。
      まぁ、健康ならいいんですけど。

      とりあえず、皆元気で、特によく尻尾をお振りになるのが、こちら。

      「わたちをかわいくうつちゅでつ」
      「僕は悠然と構える大人ヨーキーを目指すのです」

      妙にカメラ目線のラミさんと、どっしりしてるフリのロキさん。
      どっちも尻尾がよく揺れます。もうブンブンです。多分レムさん似です。

      逆に、滅多に尻尾を振らないツンワンが、チロさん。
      これは明らかに人を寄せ付けない性格だったヨルさん遺伝でしょう。


      しかし性格はそれぞれだろうと、
      皆お座りなどはよく覚え、人を噛まないあたりは、両親とそっくりです。
      本当、こやつら誰も古谷の手を噛んだりしないんですよ。
      歯を磨いてる時にちょい激しくハムハムする位で、
      自ら噛み付いてくるようなことはまずありません。
      噛み付くより、舐める方が大好きです。
      特に顔舐め。

      でもね。
      おもちゃ以外の、紙とか誤って拾った日には、あっという間にボロッボロ。
      宮殿の木の部分も、齧られハムられボロッボロ。
      子犬らしいといえばそうなんですが、
      これはヨルさんたちはしなかったことなので、悩ましいところです。
      しかも食べるしね。(齧られ細切れなので排出されてるのが救い)
      都度怒っても、これだけはなかなか覚えませんね。
      先は長そうです。


      なんだかまだ反抗期が来てない気がするんですが、
      まぁ毎日楽しいのでよしとします。
      もう、よく遊んでますよ。

      「最強の呪文はバルスです!」
      「あまいでつ。ちゃいきんは、ちゅまっぷでつよ! つぶやきがおちたでつ」
      「ふっふっふ、わたちちってます。ばくだんなら、○っきーでつ!」
      きゃー!!
      (ドタバタドタバタ)

      と、こんな感じです。
      うむ、将来が不安ですね(笑
      今後も宜しくお願い申し上げます。
      | - | 22:19 | comments(0) | - |
      あけおめことよろヨーキー(無駄に長文)
      0
        正月です。新年よろしくお願いします。
        日付が旧年なのは、まぁ、日付マジックということで。


        2015年は本当に色々ありました。
        何より大きいのが、ヨルさんとレムさんの交配から懐妊、出産。
        ものすごく色々勉強しましたけど、正直古谷の力など微々たるもので、
        結局一番大きかったのはレム姫の力でした。
        4.5キロとはいえ、お腹の中で6匹を大きく育て、初産なのに自然分娩、
        2時間で6匹をサクサク生み、さらに6匹みんなを母乳のみで無事育てきった。
        母犬としてこれ以上ないくらいに、レムさんはやりきりました。
        今は元気にただのヨーキーとして躾に火を吹いてます。
        あの頃ホルスタインのようだった乳房は、仕事終了とばかりに、もうぺったんこです。

        そんなレム姫。今こんな感じ。

        「なんておはぢゅかちいちゅがたをみちぇるでつか!!」
        トリミング前なんでね。まぁこんな感じですよ。
        以前無礼なお方がいたので一応改めて書いておきますが、
        このレムさん、洗われた直後のお姿です。
        元からお顔は少しタンが残ってて金色混じりの白です。汚れじゃない。
        体は殆ど白(数十本に一本黒毛あり)、足先は金色混じり白です。
        「あんちんちてくだちゃい。よごれてまちぇんよ」
        これが、レムさんの色なんです。乾くともう少し白さが目立ちます。

        ご近所に、白い犬大好きの犬飼いさんがいるんですが
        (実際、プードルとダックスMIXのふわふわな白いこを飼ってる)
        その方がレムさんを見るたびに「理想の白〜」って唸ります。
        実際にはレムさん、真っ白ではないんですけどね?
        その方的には、この「光を反射する系の白」が好みだそうで。
        確かに、プードルさんやマルチーズさんの白は、純白だけど反射はしない。
        (古谷、実家でマルチーズ飼ってました)
        少々お歳を召したお方なのですが、
        レム姫出産でレムさん似の子がいると言うと、
        「(自分が)あと10歳若ければお迎えしたかったぁ〜〜!!」
        と本気で唸ってましたね。夜道でキラキラ系が憧れだそうで。
        ヨルさんもレムさんも、ご近所の犬好きさんたちには評判の、良い子です。

        白いヨーキーなどいない、と思ってる方は多いようですが・・・
        「あんちんちてくだちゃい。ちょんぢゃいちてまつよ」
        少なくとも古谷はレムさん並みの白い、しかも血統書付き純正ヨーキーを
        他に実際に2匹(どっちも男の子)見てて、
        ご近所の世間話でさらに1匹昔存在したらしいのを確認済みです。
        (昔飼ってたんだ、というおじさんがいたんです)

        ヨーキー、奥深い。

        で、一方。

        「僕までこんな姿を見せるなんて、新年から飛ばしますね」

        同じく洗われた直後の、ヨルさん。(やはりトリミング前)
        ヨルさんは、非常に濃淡のはっきりした、黒&タンな方。
        頭部は全部タン、胴体は黒、足先タン。くっきりはっきり。
        実は古谷、ヨーキーって皆当然のようにヨルさんな色だと思ってたので、
        他のヨーキーをよく観察し始めて、実はそうじゃないらしいということを
        初めて知ったんですよねぇ。むしろヨルさんは少数派。
        皆、結構頭と胴、タンと黒混じりですよね。それも綺麗で好きですけど。
        色だけならヨルさんは、
        ドッグショーに出てそうな抜群スタンダードだと後から知りました。
        「僕の父はチャンピオンですからね」
        そうなんですよねぇ。じいちゃんもばあちゃんもチャンピオン並んでますね。
        しかもただのチャンピオンだけじゃない。インターナショナルな方もいます。
        明らかに、計画的に、ブリーディングされた形跡が、血統書から伝わります。
        ・・・なんでこんなに大きくなったんでしょうねぇ?
        「隔世遺伝です。先祖返りです」
        まぁ、他にありえないですよねぇ。
        そんなヨルさんですが、最近は黒部分にタンが混じり始めました。
        「歳ですね」
        そうですね。ヨーキー七変化が楽しみです。


        と、長々と改めて書いてますが、新年なのでお許しください。
        「短文にまとめるセンスがないのです」
        うん、まさにそれです。


        長文ついでに、もう少しいきましょうか。

        「タテヨコくらい、なおつでつ!!」
        「古谷は加工技術がないでつ! なちゃけないでつ!!」
        おお、乙女ーず厳しい(しかし当然な指摘)。
        上の警戒中が、チロさん、下のドヤ顔がラミさんです。
        どっちもサイズ的には、すっかり成犬並です。
        見切れてますが、チロさんの両耳は常にピンと立ってますよ。
        「ながいちっぽがみえるでつ? ちゃーむぽいんとでつ」
        ラミさんは日によって耳が立ったり寝たりしてます。
        「わたちの耳はパピーと同じ可変式なのでつ!」
        そうそう。本当に、日によって変わってるんで、完全に立つか不明。
        しかしこの仔たちも大きくなりました。
        生まれた時は手の中に収まってたのに、今じゃもうすっかり溢れるサイズに。
        先日ようやく獣医さんからお風呂の許可をいただいたので、
        近日初お風呂予定です。
        「おふろってなんでつ? おいちいでつか? たのちいでつか?」
        「早くお外に出つでつ」

        実は最近、マズルトレーニングを試したんですけど、
        最初っから全員見事に無抵抗でされるがまま、拍子抜けしたんですよ。
        なんでだろうと思ったら
        「初ごはんから毎回、拘束されて歯磨きされてる時点で、答えです」
        だったんですよ。
        今更、口を触られる事程度に、嫌がるような反抗心は残ってない模様。
        離乳食からずっと毎回終わるたびに口の中ゴシゴシしてたから・・・。
        「でもハミガキはニガテでつ」
        「古谷は下手なんでつ。不器用でつ。最初から不器用でちた」
        はい、生まれたその日に、チロにミルクをぶーさせたのは自分です。
        あれ以来レム姫の不信の眼差しが痛かったです。
        結局、哺乳諦めて、空いてる場所を用意して吸わせるようにしたんでした。
        (他の元気な仔がいない隙をいつも狙ってましたね)
        今はいない青子(とも)とかは、勝手に吸い付いてましたから・・・

        いやー、大きくなったもんです。2015年は家族が増えました。嬉しい。
        「ちょっと待てチョトマテ」
        はい?
        「僕はどこですか?」
        ロキさんはフレームアウトしてますよ。
        っていうか、君は落ち着きなさすぎて、まともにカメラに写らないです。
        正直、ちゃんと撮れてるものが殆どなかったんです。
        「ひどい! 不服です! 可愛い僕を要求します!」
        また今度、ね。


        さて、年明けにはヨルさんのアレが待ってます。
        「いやああああ僕の大事なアレがああああああ!!」
        覚悟決めてください。

        では皆様、素敵な新年になりますように。
        | - | 22:30 | comments(0) | - |
        メリクリヨーキー
        0
          皆様の御宅には素敵ヨーキーサンタがやってきましたでしょうか?
          我が家は相変わらず、5ヨーキーでの大家族にてメリクリしました。
          いやもう騒がしいったら。

          あ、名前ですね。
          生まれ順にいきましょうか。
          青(メス) 「とも」 里子済
          水(メス) 「桃」 里子済
          緑(オス) 「ゆう」 里子済
          赤(オス) 「ロキ」
          白(メス) 「チロ」
          黄(メス) 「ラミ」
          でございます。後半3匹が今うちにいる子達ですね。後半の名付けが古谷。
          うちにいる子は、オスはヨルさんと同じ由来、メスはレムさんと同じ由来で
          命名させて頂きました。
          正直、ラミが大変でした。良いものがなかなか決まらず、
          何度「キーコ(黄子)」にしてしまおうかと・・・
          (これでヨルさんたちの由来が判る人は凄いです)


          では、写真は間に合ってませんが、うちの3匹を紹介しましょうか。
          まずはロキさん。
          獣医さん認定の人懐っこさ。
          こやつがまぁすくすく伸び伸びお育ちあそばされまして、
          一番大きいです。12月21現在で、体重2.88kgであります。
          ・・・もう一般ヨーキーの標準体重じゃないっすか(笑)
          「僕はデカヨーキーの星になります!!」
          足の太さといい、マズル周りといい、獣医さんも認定するデカヨーキーですよ、既に。
          しかも足が長くて(つまり体高も高い)、更に足癖が悪い超いたずらっ子です。
          両耳は垂れ、毛色は、どうやらレムさん寄りになりそうな雰囲気。


          次が、チロさん。
          あの食欲無しのセンシティブ乙女さんです。
          生まれた中では一番小さかったんですが、体重は12月21日現在2.32kg。
          うん、十分育ってますね。でも一番小さいですけど(さすがデカヨーキー夫婦の子)
          「チロはちぇんちゃいなんでつ! だいじにするでつ!!」
          えー、今でも食欲は無い、というか、食欲より好奇心が勝る子に育ってます。
          どうもご飯に対する執着心が薄いってゆーか、無いってゆーか。
          体重はアレですが、体格からして、あんまり大きくならなそうです。
          あと6匹の中で唯一、両耳が立ってます。垂れ耳両親の子なのに。
          「チロちってまつ! かくちぇーいでんっていうでつ!!」
          毛色は、ヨルさん寄りっぽいですね。


          最後、ラミさん。
          デカーずだったはずなのに足踏みしてしまったんですが、
          12月21日現在で2.7kg。うん、何も心配なくデカヨーキーの道を歩んでますね。
          末っ子なんですが、大中小でいうところの中な子です。あまり末っ子っぽくない。
          「わたちはみんなといられればちょれでいいのでつ」
          あ、かまってちゃんっぽい部分があるのは末っ子っぽいですかね。
          とりあえずロキがいたずらをしてれば、大抵一緒に参加します。
          体の大きさ、足の太さ長さ、顔、全部、ロキさんとチロさんの中間って感じです。
          なのでやっぱり、意外に大きくならないかもしれないです。
          両耳は垂れ、毛色はレムさん寄りになりそう。


          生まれたその日から見てもらってる(どころかへその緒まで結んでもらってる)為か、
          皆、獣医さんにすっかり覚えられてて、結構気遣ってもらってます。
          多分獣医さんとはいえ、生まれた日から知ってる犬ってのは中々いないんでしょう。
          尻尾切るかの相談をした時に先生が渋ったのも、多分個人的感情があるかと。
          まぁ、今、長い尻尾をブンブンぶん回してる子犬ーずを見てると、
          「やっぱヨーキーは尻尾切らないでいいじゃん。超可愛いじゃん」
          って確信できますね。ヨーロッパで禁止されるわけです。
          尻尾そのままのヨーキー最高!


          皆元気なんですが、正直元気過ぎて色々困っています。
          予測外の事が次々起こると申しますか・・・
          まぁ、何されてても仔犬ーずを怒鳴っては無いんですけどね。意味ないし。
          ヨルさんもレムさんもそう考えると、そんなに悪戯な子じゃないんだなー
          って位、もう色々してくださいまして。
          元レム姫の宮殿は、既に仔ヨーキーずによって一部破損しております。
          木製など意味はない。金属部分も意味はない。
          そしてこやつら、親に似て、おもちゃに対する執着心が薄いので困ります。


          そういえばヨルさんたちはどっちも生後半年くらいでうちに来てるんで、
          生後3ヶ月くらいのヨーキーの飼育経験って古谷無いんでした。
          とりあえず既に「おすわり、お手、おかわり、両手、伏せ、待て」は出来るんですが
          噂によると、生後4〜6ヶ月で反抗期ってやつがくるらしいんで、
          今から戦々恐々としております。そんなの初経験なんですから。

          で、そんな仔犬ーずの今、一番好きなものは
          「パピーです」
          「パピーちゅき!」
          「パピーでつ!」
          ・・・何故か母を通り越して、父一人勝ち状態。
          どうやら最近は仔犬ーずと触れ合う時、面倒臭くなってきたのか場合によっては
          寝転がったままで相手してるんですが、そういう余裕なところがいいっぽい。
          レム姫は相変わらず躾に火を吹いて追いかけ回してますからねぇ。
          古谷は、ご飯などのお世話はするけど、楽しい時間を取り上げるので
          その辺がちょっと不評な模様(提供するのも古谷なんですけどねぇ?)


          皆、三回目のワクチンも済んで、とりあえず今後は様子を見てお外デビューです。



          が、それよりも大事なことが、年明けに待ってます。
          「え? 何かありましたっけ?」
          あなたの去勢手術ですよ。ついでに歯石とりもしていただく予定です。
          来年早々にヨル子さんデビューですよ。
          「いいいいや、急がなくてもいいですよ。僕は困りません」
          いいえ困るんです。タイミング的に、来年明けくらいでアレがあるんですから。

          レム姫のおヒートが始まる。

          もうね、発情期大変なんでね。
          ヨルさんの終わりなき愛の歌が始まっちゃうんでね。
          もちろん、レム姫の避妊手術を先にするって手もあるんですけど、
          過去に全身麻酔で死にかけたレム姫を開腹手術させる決心がつかなかったんです。
          なのでここは元気丸出しヨルさんに最後の男気を見せてもらおうと思いまして。

          「いやああああ僕の大事なアレがあああああ!!!」

          大丈夫、世の飼われオス犬の大半が通る道ですから。
          むしろ遺伝子残せただけヨルさんは幸運です。
          ロキさんなんて、出来るようになれば速攻で去勢が決定してますからね!
          「え。僕もですか!?」
          そりゃそうでしょう。今後母妹達と同居していくなら、万が一があっちゃいけませんから。


          そんな感じで、なんかもう、
          仔犬ーずまとめて面倒みる気になってきている年の瀬です。

           
          | - | 23:53 | comments(0) | - |
          ヨーキー達の子育てと、旅立ち再び。
          0
            前回の記事の内容で、一点結果的に虚偽が発生しました。

            白子が通常通りに戻った

            ・・・戻りませんでした(涙
            あの翌日以降、更なる食欲減退を見せ。
            今なお彼女は中々ごはんを食べないままです。
            毎日白子だけ特別製&倍以上の時間をかけてごはんしてます。
            試行錯誤続いてます。

            ですが、元気に3匹でじゃれ合ってはいますので、
            栄養不足等で衰弱はしてない模様。
            平等にやられてきゃんきゃん鳴いては、互いに力加減を覚えてます。





            そんな日々の中、仔ヨーキー達のおトイレ訓練、始めました。
            ご褒美は、「宮殿の外で遊ぶ権」です。数分ですが。
            外に興味津々の仔犬ーずには中々好評な模様。

            そんな中で、立ち上がったのがこの方々。

            「今こそ僕の出番です」
            「わたちのちつけがひをふくでつ」

            育メンになれぬイケメンと、
            子離れ済みのグレートマザー。

            宮殿から出てきた仔に、
            ぶっちゃけ迷惑顔するかと思ってたんですが、どっこい。

            まずレム姫がうーうー唸りながら追いかけ回して、
            銜え引き摺り倒しては、唸り止めて、舐め舐めしてあげるという
            飴と鞭をふるい。
            (どうやら上下関係の存在を教えたいらしい)

            その脇からヨル王子がずっと、
            あがあが口を開けて応戦しようとしてる仔に対して、
            自分の更に大きい口を見せつけあがあが返し。
            (どうやら上下関係を決定させたいらしい)

            2匹がかりのイジメのような光景ですが、
            よくよく観察してみると、仔犬ーずは皆、しっぽぶんぶん大喜び。

            「きゃー! パピー、マミー、もっとー!!」

            しかも乱暴に見える行為のようでも、
            仔犬ーずどうしの力加減を覚える為のじゃれ合いと違い、
            まったく「きゃいん」(やり過ぎの合図)が聞こえてこない。

            つまり、両親共にしっかり力加減が出来ている。

            本能なんでしょうかね?
            大人ヨーキーとしての応対を、ヨルさんもレムさんもしてるんです。
            何と賢い。


            正直古谷は生後2ヶ月の仔犬なんて相手した事無いですから
            (ヨルさんもレムさんも来たのは半年くらいでしたし)
            こっちは色んな情報を求めわたわたしてるのに、ねぇ?


            「犬には犬のやり方があるんですよ」
            「わたちはこうやっておちえられてきたでつ」

            そ、そうなんですか・・・。

            なんだか犬って凄いんだなぁと、
            激しい躾を繰り広げるヨーキー一家を見ながら思う、今日この頃です。
            に、人間の上位性はいつ叩き込もうかな・・・。



            そうそう。
            古谷の実家地方へ里子に出た3匹のうち、なんと
            水子が新しく素敵な里親様の元へ嫁ぐ事に決まったのです。
            今日初めてお顔合わせして、何とその場で名前まで頂いたそうな。
            今後の水子のお名前は・・・・・・「もも(桃)」ちゃんです!!
            水子本犬の実際の顔を見る前から名前は決まってたそうなんですが・・・

            実は首周り、おリボンで対応出来なくなってから、
            6匹色違いの首輪で新規対応していたんですけど、
            なんと偶然にも水子の首輪はピンクだったりして。
            (他は白子が黒である以外、全員色通りの首輪をしてます)

            どうか、終生大事にしてあげてください、と願うばかりです。
            ああ、直接会って色々伝えられたら良いのになぁ。
            (距離と時間的に不可能)

            でもまぁ、ダックスの飼育経験はある模様ですし、
            お顔合わせ後には、もも用に家を整えなくちゃいけないと、
            色々計画しながらウキウキしてお帰りになった模様で、
            (古谷が手紙でヨーキーは関節が弱いのでフローリングはNOと書いてた)
            なんだか可愛がられそうな予感はしてます。
            というか、受け口と解った上でももを選んだその選択、きっと正解です。

            もし万が一このブログに辿り着いたら、
            どうぞよろしくおねがいします(笑)

            「僕の娘を宜しくお願いするです」
            「わたちのこをたくちまつ」

            これで残ってるのはフリーダム青子と、フレンドリー緑太郎か・・・・。
            ウチにも3匹いるけど・・・(汗


            あ、仔犬ーずの名前は実はもう皆決定してるんですが、
            それは後日公開、ということで☆
            | - | 23:01 | comments(0) | - |
            おめでとう大きいヨーキー、そして
            0
              今日はおめでたい日ですが、ちょっと古谷切ないです。
              ヨルさんが元気に5歳を迎えたおめでたい日ですが。
              解ってるんですが。

              「まだ泣いてるんですか」

              仔犬ーず3匹が、巣立ちました。
              青子、水子、緑太郎が。
              半分になって、ぶっちゃけ喪失感が半端無いです。

              ヨルさんのお誕生日は勿論祝ったんだけど。

              「はっぴーばーすでーをうたいまちた」

              多分、ヨルさんの誕生日と合わせて一生忘れないでしょう。
              生まれて初めて、取り上げた小さな命。
              眼の開かない頃から見守って。(哺乳は失敗しましたけど)
              離乳した後は毎日のように離乳食を作って。(今もですけど)
              ウンチおしっこと格闘して。(今もですけど)
              レム姫が子離れした後はずっと古谷、手をかけてたんです。

              その中の3匹がいなくなってしまって。
              ヨルさんレムさん仔犬ーず残り、皆で見送りました。

              そりゃもう。
              空港で泣きました。


              その後、ヨルさんレムさんは案外いつも通りで。
              レムさんが、何時もの帰宅後の宮殿チェックで
              「あれ? なんだかわたちのこがちゅくないでつ?」
              って少しだけ気にしてたけど、すぐ普段通りになって。

              犬って結構凄いなぁって思ったんですけど。
              誰も古谷程ショックじゃないのかな、と思ったんですけど。


              白子が夜ごはんを食べませんでした。

              「ちゃみちいでつ」

              皆何も感じないって訳でも無かったらしいです。
              白子だけ、朝と同じごはんに、ぷいっとそっぽを向いて。
              他の子はぱくぱく食べたのに、白子だけが、寂しそうに項垂れて。

              このまま食べなかったらどうしようと不安に襲われつつ、
              「大丈夫だよ、大丈夫だよ」と声をかけながら
              白子の分のごはんだけお湯で完全にペースト状にして
              離乳食最初の頃のように、そっともう一度あげてみたら。
              「ちかたないでつ。たべてあげるでつ」
              少しずつぺろぺろと、けれど全部食べてくれました。


              なんかもう、また泣けてきました。
              その後、白子は普段通りに戻りました。

              ヨルさんが5歳になって嬉しい。
              仔犬ーずが3匹旅立って、切ない。
              残った仔が、もう、どうしようもなく、可愛い。

              そんな複雑な一日でした。



              その頃。
              旅立った三匹は元気にごはんを済ませ遊び寝ていたそうな。
              そりゃもう平然としているそうで。
              ・・・いや、そういう子を選んで里子に出したんですけど。
              実際に平然とされると、それはそれでちょっと複雑なのでした。
              | - | 23:17 | comments(2) | - |
              ヨーキー一家最初で最後の旅行(仔犬ーず初披露)
              0
                皆様お久しぶりです。
                秋も深まって参りましたが。ええ、本当寒くなってますが。

                「今更夏休みとれたのはどこのどいつだーい?」

                ・・・古谷です(涙)
                ええ、というわけでして、
                すっかり子離れも済んだ姫へのご褒美も含め遠出しようとね。
                思ったんですけど・・・ええ。

                「おいていくのはゆるちゃないでつよ!!」

                そうですね。
                実は仔犬ーず全員と一緒にいられるの、あとほぼ一週間なんですよ。
                ってわけで、連れて行きました。
                久々のがっつりドライブ。


                ってことで。


                超久々に現在の皆の写真公開、といきたいと思います。
                場所は秘密です☆
                えー、仔犬ーずも初公開、となります。
                クリックで大きいサイズが見られますので・・・。


                まずはやっぱりこの方でしょうね。

                「当然ですよね。僕が一番に決まってます」

                長距離ドライブ大好きヨルさん。ってか車が好きなんです。
                残念な事に育メンにはなれていません。


                ハイ次は勿論この方ですよ。

                「つかれたでつ。おっぱいもうでないでつ」

                子離れ済、グレートマザー・レム姫。
                実はこの方、基本カメラとか好きじゃなくてですね。
                どうやら古谷の視線がカメラで隠れるのが黄に食わないらしく。
                カメラ向けると大抵左を向いて下さいます。

                「ちがいまつ。このかくどがいちばんちゃーみんぐなんでつ」

                あ、そうでしたか。



                じゃーいきますよー!
                仔犬ーずを順不同にご紹介しますよー!!
                よく見てねー! 

                「はじめまちて。水子でつ」

                えー、2番目に産まれた次女水子。チビーずメンバー。
                体重現在約1kg。ちょっと受け口ちゃんです。
                元気です。
                こやつはごはんを自分で調整して食べる方です。唯一。


                ハイ次はー?

                「あれ? 僕だけたんどくじゃないの?」
                「大きさ比較だそうです。諦めなさいなのです」

                3番目に産まれた長男緑太郎。元チビーずメンバー。
                体重現在約1.1kg。大きさ凄い追い上げました。
                こやつも勿論元気です。結構人なつこい方かな?
                言うまでもなく健康ですよ。


                はい次。

                「僕はどこにいるの?」

                4番目に産まれた赤太郎。デカーず。
                体重現在1.1kg。自己主張激しい次男です。
                当然元気で、かなり人なつこいですねぇ。
                初めてのお外にカメラ目線の余裕は無かった模様。
                家では脱走犯筆頭の一匹です(笑)


                ハイ次。

                「ちょれなんでつか。なにちてるでつか?」

                黄子。激しく動くので、ちょっとピンぼけ。
                最後に産まれた四女ですね。
                体重現在約1kgで、元デカーずですが今チビーずと並んでます。
                意外に大きくならないのかもしれないと思い始めました。
                まぁ元気で健康で、ちょい寂しがりやなのは末っ子故?
                好奇心は旺盛で、耳は立ち始めてる感じです。


                はい次はー。

                「これはなんでつ?」

                長女、フリーダム青子。葉っぱが気になるデカーず乙女。
                体重現在約1.1kgで、とにかく元気で食欲旺盛。
                ごはんの準備をすると真っ先にかっとんで来る仔です。
                まぁ頑丈で物怖じしない、非常にテリアな仔ですね。


                はい最後は。

                「わたちがいちばんかわいいんでつ?」

                三女の白子。チビーず筆頭といえばこやつです。
                体重約1kg。チビと言いつつ充分育ちました。
                今後更に勢い良く育つかもしれません。
                一番小さいけど、結構気が強くて負けん気がある仔です。
                最初に耳が立ち始めたのもこの仔だったかな?



                以上。
                初めてのお外でしたが、気にしない仔と戻りたがる仔、分かれましたねぇ。
                でも全員共通してたのが、全く車酔いをしなかったという事。
                これは正直凄いですよ。数時間高速かっ飛ばしたのに。
                さすが、産まれたその日に車で病院に連れて行かれて、
                その後も1〜2週間置きに病院に連れられてるだけあって、
                車慣れしちゃってます。
                (下手なブリーダーより手厚く面倒見てますからね!)

                ヨルさんもレムさんも車酔いしたのにねぇ。

                今度病院に行くときは皆、初ワクチンを打ちます。
                で、来週にはこの中から、青子、水子、緑太郎が旅立ち予定。

                なので、
                里子を捜してるのは現在、白子か黄子かになります。
                (どっちでも大事にしてくれるならいいんです。
                 正直古谷はどっちが残っても愛せますので!!)
                どっちにせよ、ヨルさん似かレムさん似かは、まだ解りませんが。
                少なくとも全員レムさんに似ず、睫毛はばっさばさです。
                (レム姫は睫毛が殆ど無いのです)

                い、いかがですか?
                ご希望があればもっと写真をアップしますので、どうぞ。
                現在仔犬ーずは社会性を養う為に、皆でうーうー元気に遊び回ってます。
                たまにキャンとか聞こえますが、恐らくそれで加減を覚えてる・・・筈?
                少なくともまだ人の手に噛み付いたりはしないですねぇ。


                そんな感じで皆で楽しくお出掛けしました。
                旅立てばもう二度と会えないだろうと思うと、今から切ないです。
                | - | 23:09 | comments(0) | - |
                白いヨーキーの初めての仔育て(一ヶ月編)
                0
                  早朝、散歩していたんですよ、夜明け前。
                  何か小学校の四階のトイレ(?)にだけ明かりが。
                  消し忘れかなぁとヨルさんに言いながら見ていたら、ふっと。
                  明かりが消えました。

                  「あれが噂の花子さんというやつですか?」

                  わわわ解りません〜〜〜〜!!!!



                  仔犬ーず、とうとう一ヶ月持ちこたえました。
                  というか体重増加の目安は一ヶ月で三倍位らしいんですが、
                  ・・・・・・みんなかるーく四倍はいってます。
                  ちょっと纏めてみましょうか?

                  青子 178g → 771g
                  水子 148g → 658g
                  緑太郎 133g → 662g
                  赤太郎 164g → 763g
                  白子 123g → 624g
                  黄子 170g → 691g

                  いやー育った育った・・・育ち過ぎって位育ちましたよ。
                  母乳だけ哺乳無しで育ったとは信じられぬ。
                  産まれたときは片手の中でウニョってた子達が、
                  今ではもう片手では押さえきれないくらいに育ってます。

                  此処まで来れば、誰かが脱落する可能性はほぼ無いでしょうね。
                  古谷、感動です。

                  そして初産だったのにしっかり母性が目覚めたレム姫。
                  途中、ちょっとストレス溜めましたけど、
                  今ではすっかり産箱の中で落ち着くようになりました。

                  離乳食は始めてますが、いかんせん乳歯がまだ未発達。
                  今のところ、母乳と併用という感じ。
                  ムース状のごはんからまだ卒業も出来てませぬ。
                  朝も夜もなく、ちゅぱちゅぱという音がするのが微笑ましい。
                  完全離乳はまだ遠そうです。


                  仔犬は、産まれてから一ヶ月内に無くなる確率が高いそうです。


                  その一ヶ月を超えて、皆立派になっちゃって。
                  それもこれも、六匹を甲斐甲斐しく世話したグレートマザーあってこそ。
                  最近は仔犬たちと寄り添って寝る姿も、すっかり板について。

                  ああ、本当に幸せだなぁ。


                  最近は仔犬ーず同士であむあむ食みあってじゃれ合う事が増えました。
                  こうして社会性が育っていくんですよね、多分。
                  ・・・でもこれ、乳歯がしっかりしてきたら凄い喧嘩になりそうで怖い。

                  長いしっぽをぴーんと立てて遊ぶ姿。
                  限りある仔犬ーずとの日々を楽しみましょう。


                  そんな事を考えながら宮殿を覗き込んでいたら、赤太郎と目が合い。

                  「ちぇくちーびーむ☆」
                  ばちこーん


                  見事なウインクを決められました。
                  こ、こやつ、やりおる・・・っ
                  | - | 23:09 | comments(0) | - |
                  進撃の仔犬ーず
                  0
                    離乳食が始まってからこっち、
                    毎日仔犬ーずの食事に一時間はとられている古谷です。
                    食事の準備に、食事の介助に、食後の拭き取りまでありますからね。

                    そして加速をつけて太る仔犬ーず・・・ど、何処まで育つのです?


                    離乳食の前に姫を宮殿から追い出し
                    (というか喜んで姫は出て下さるのですが)
                    残った宮殿の中、産箱の横のトイレマットの上に皿スタンバイ。

                    2匹ずつ、主にデカーずとチビーず1匹ずつの組み合わせで
                    離乳食を食べさせているわけですが、
                    さすが食べ盛り。
                    寝ているところを無理矢理つかみ出して皿に近づけても
                    はぐはぐ食べ始めて下さいます。

                    問題はここから。

                    「だれかたべてるでつ」
                    「おいちちょうなにおいちゅるでつ」
                    「きになるでつ」
                    「いくでつ」


                    他4匹が一斉に産箱から飛び出して群がろうとする。
                    ウォール・サンバコから進撃をしようとする残り4匹を、
                    2匹の食事中に駆逐し続けるのが古谷の役目だったりします。

                    乗り越えようとするところを掴んで産箱の奥へころんっ
                    ちょっと乱暴ですが、転がる姿はすこぶる愛らしい。
                    ついでにそれでめげることもなく・・・

                    「あーれー」
                    「でももういっかいいくでつよ」


                    何度やっても諦めないところは素晴らしい。
                    ・・・まぁ、この月齢で待てが出来る訳も無いですよねぇ。


                    というかね。


                    むっくむくに育ち続けてる仔犬ーずは間違いなく、
                    ヨーキー界では巨犬になるでしょうね・・・・・・
                    だって1ヶ月も経ってないのにそろそろ青子とか
                    700g超えそうなんですから・・・
                    某有名ヨーキーブログの極小ヨーキー様と並ぶんですけど。
                    ふ、太ってるとか・・・無いよね?


                    ちなみにレム姫は医者から痩せ過ぎを指摘されちゃいました。

                    「だいえっとはおとめのたちなみでつ」

                    いや駄目ですからね、マジで。
                    で、ごはんをちょっと増やしたりして。



                    そんな風に仔犬ーずとの触れ合いが増えた事で気づきました。
                    赤太郎(次男)、なんか毛が全体的にパーマがかってる・・・
                    あれ? ヨーキーに天然パーマってありましたっけ?

                    んー・・・この仔はレム姫似かも?(姫ちょっとパーマ有り)
                    | - | 23:43 | comments(0) | - |
                    仔犬ーず、爪を切られる
                    0
                      産まれてもう3週間・・・
                      時間が過ぎるのは早いですねぇ。



                      言うまでもなく生きてますから、
                      産まれてからこっち毛がどんどんふっさふさになって、
                      それといっしょに伸びてきたのが・・・・・・爪。
                      そりゃもうちっこい、米粒よりちっこい爪がですね、
                      すくすく伸びてくるっと巻いてしまってるんですよ。

                      うーん、これは切らないといけないですよね・・・

                      でも古谷、ヨルさんレムさんの爪も切った事無いんです。
                      いやほら、犬の爪って血管あるから万が一を思うと怖くて、
                      毎回プロにお任せ致していたんですよ。

                      でもさすがに産まれて一ヶ月もない仔犬ーずの爪を切ってくれる
                      プロさんがいるわけもなく・・・・・・
                      放置するにはちょっと長い。

                      色々調べて、覚悟決めて手に取った・・・人間用爪切り。
                      さぁ、やるぞ〜・・・・・・どきどきどきどき


                      「あーれー!!」(代表:青子)


                      一部暴れる仔犬ーず皆をどうにか爪切りした後は、すっかり疲労。
                      切ったのは先っちょのほんのちょっとだけなんですけどね。
                      どうにか出血も無く終われました。

                      ヨーキーの爪って基本黒いでしょう?
                      仔犬ーずはまだ白いんですよ。
                      血管もよく見えないし、正直本気でヒヤヒヤでした。
                      しっぽも切れないのに爪だって怖いに決まってるじゃないですか。

                      本当はヤスリもかけたかったんですが、正直そこまでの余裕は無く。

                      ・・・・・・うん、今回はこれで良しとしよう。



                      あ、仔犬ーずは素敵な里親様募集中です。
                      今なら終生可愛がって下さる事大前提で、お好きな仔をお選び頂けます
                      (ってまだ個性そんなに出てませんけど 笑
                      | - | 23:25 | comments(0) | - |
                      白いヨーキーの初めての仔育て(離乳食編)
                      0
                        皆様、愛する相棒達の名前を何と呼んでますか?

                        古谷は
                        ヨルさんの事は「ヨル、ヨルヨル、ヨルさん、ヨルてぃん、王子」
                        レムさんの事は「レム、レムさん、レミー、姫」
                        等と呼んでおります。
                        やっぱねぇ、敬称はついちゃいますねぇ自分は。



                        仔犬たちの離乳食も準備万端。
                        姫が妊娠時に食べ残した仔犬用ムース缶が何缶も残ってますから!
                        しかし相手は哺乳を断固拒否した仔犬ーず。
                        食べない可能性も十分あるわけで・・・
                        ハラハラしながらお皿に乗せて、仔犬ーずの前に献上。

                        さぁ、どうですか?

                        徐々に群がってくる仔犬ーず。
                        匂いは惹かれるものらしいですね。
                        でも問題はこの先・・・




                        「古谷のみるくよりうみゃーでつ」
                        「わるくないでつ」
                        「なめなめするでつ」
                        「うまうまでつ」
                        「古谷のみるくよりおいちいでつ」
                        「たべやちゅいでつ」




                        ぱくぱくして下さるのは非常にありがたいのですが。
                        ・・・っく、何だか負けた気分です。

                        というか皆様。
                        全身ムースごはんでどろっどろなんですけど。
                        あああ、これ全部綺麗にするのって古谷なんですよね?

                        頭を抱えそうになったその時。

                        「あ、うまうまでつ」

                        仔犬ーずを押しのけて顔を突っ込むグレートマザー。
                        ってこれ貴方が食べ残したごはんですからっ!
                        今更食欲出さんでください!!

                        レム姫を押さえて仔犬ーずのごはんを見守り、終わったら回収。
                        すると。

                        「いただきます」

                        脇からヨルさんがお皿に顔を突っ込み綺麗にしてくれました。

                        「わたちのやくめが!!」
                        「早い者勝ちです」

                        ・・・・・・。
                        以降、仔犬ーずの食べ残しは2匹が仲良く処理しております。
                        とりあえず古谷は食後の仔犬達を拭き拭きするのでした。
                        ・・・まさか今後、毎回これですか?
                        | - | 23:34 | comments(0) | - |
                        | 1/23PAGES | >>